top of page

東京の一番美味しい餅は? | あいと電氣餅店



私のブログかインスタグラムをフォローしてくれている方はご存知かもしれませんが、私は和菓子、特に餅が大好きです!大福、団子、わらび餅など、なんでも!だから、あるテレビ番組で「あいと電氣餅店」が出てきたとき、絶対に行くって覚悟しました!



ちなみに、餅は大体いつもヴィーガンだから、ヴィーガンの方もこの店を楽しめます!ただパフェとかはヴィーガンではないです。


あいと電氣餅店について

なぜそんなに行きたかったかというと、その店の特徴は珍しいからです。「あいと電氣餅店」の餅は生餅で、賞味期限はすごく早いのです!5時間!短すぎる!と思っているかもしれませんが、ちゃんと理由があります。


まず、その店のホームページによると、餅はちょうど出来上がった瞬間で最も柔らかくて美味しいらしいです。でも、軟らかさを保つため、あとは賞味期限を伸ばすため、大体のお店は餅米の量を減らして、添加物や保存料を使っています。だが、「あいと電氣餅店」は100年前と同じように、100%餅米を使用して、添加物や保存料を一切使わないそうです。個人的に、それは素晴らしいと思います。


そのおかげで、その店の餅はすごく柔らかくて、生大福の中にさらに本当に繊細なこしあんが入っているから、今まで食べた餅の中で一番美味しかったと思います。

「あいと電氣餅店」のホームページにもう百七年間続いている電氣餅の歴史について少し書かれています。

餅米、水分の量、炊き方、搗き方によって味、食感、軟らかさが変わるらしくて、100年以上前福島県の南相馬市の人々は餅が一番柔らかくなるための特別な作り方を考えて、「あいと電氣餅店」が売っている添加物や保存料なしの電氣餅が誕生しました。


ちなみに、電氣餅という名前の由来は昔の主婦が使った餅を作るための電気機会から来たらしいです。


店のホームページで餅の予約と注文もできるらしいです!




私の感想

まず、この店のデザインはとても綺麗じゃないですか?現代的なおしゃれさと伝統的なお菓子を組んでいるから魅力的な感じですね。持ち帰りはもちろん、店内でも食べられるメニューもあるます。店内で食べる場合壁にあるカウンターのようなところで立ちながら食べるけど、綺麗な写真を撮るのに最高だと思います。



結局生大福とみたらし餅を店内で食べて、電氣餅そのままとなまよもぎ大福を持ち帰りにしました。.


生大福

生大福は二つの種類があって、一つは普通の大福のように餅にあんこが入ってて、もう一つのはよもぎ大福です。ただ、この店だとよもぎの味は他の店のやつよりも本当に濃くて、コクがありました。見た目もとても綺麗な緑でした。

「あいと電氣餅店」の大福は今まで食べた大福の中で最も美味しかったです!餅の部分はめっちゃ柔らかくて、一番もちもちしたし、あんこはとろけるような感じで、ちょうどいい甘さを持っていたからいくらでも食べられる気がします。




みたらし餅

みたらし団子はすでに知っていたが、みたらし餅というのは初めてみたから食べてみたかったです。みたらしソースの中に餅3個が浮かんでて、見た目可愛かった。みたらしソースは団子の場合より薄い食感で、すごく甘かったんです。でも餅は全く甘くなくて、ちょうどいいバンランスでした。しかも餅のやわらさはすごく美味しかったです。みたらし団子よりも好きかもしれません!



電氣餅

最後、もちろんその店に名を名乗った電氣餅も食べてみないといけないと思って、1個持ち帰りにしました。


佐藤が入っていなくて、味あまりしなかったから、多分あんこと一緒に食べるべきだと思いますが、食感は最高すぎるから味がなくてとても美味しかったんです!



餅が好きなら、絶対に「あいと電氣餅店」に行くべきです!代々木公園駅の近くにあるから原宿で買い物するとき寄ればいいと思います!


もしよければ、感想をコメント欄でシェアしてくださいね。

 

アクセス

値段:

190円〜2000円

営業時間:

火曜日〜日曜日:10:30〜16:00

(定休日: 月曜日)


住所:

151-0063 東京都 渋谷区 富ケ谷 1丁目-3-4


ホームページ:


 



コメント


bottom of page